車の下取り査定をするコツ

新しく車を購入する際に、今乗っている車がある人は下取りをしてもらうことになります。

そしてその車の下取りこそが、新しく車を購入する歳の購入金額を大きく左右することになりますので注意してください。

今乗っている車の下取り価格が高くなればなるほど、手出しの金額が減るので総支払額が小さくなります。

下取り価格10万円と50万円では、買取価格が40万円もの差になり、それがあなたが支払う金額にダイレクトに反映してくるということです。

下取りって、新しく車を購入するディーラーでしてもらわないといけないと思っていませんか!?

確かに自動車ディーラーは下取り価格の提示をしてきます。

しかし、ディーラーからしてみれば下取り価格は全体の金額を調整するのに便利な項目であり、値引き交渉の際に先方に有利な条件になる危険性もあるのです。

だったらどうしたらいいのでしょうか?

下取り査定は一括査定サイトで見積りがとれる!

車の下取り査定にはディーラー以外にも査定をしてもらえる、インターネット一括査定という方法があります。

カービューやガリバーといった会社が、インターネットを介して下取り価格の査定をしてくれるサービスがあるのです。

公式サイトから住所や車の型式を入力するだけで、近隣の中古車買取センターから買取価格の見積りが届くのです。

もちろん見積りを比較して値段に納得できなければお断りしても大丈夫です。

すべて無料で行えるサービスなので、気軽に申し込むことができます。

そしてここでのポイントは、自分の車を高く買ってもらえる買取業者を探すことと共に、その下取り価格をディーラーとの価格交渉で利用するということにもあります。

実際に査定してもらった下取り価格の見積書があれば、交渉の際に有力な武器になります。

ディーラーが提示する下取り価格が、他社の査定価格よりも安ければ高くしてもらう交渉がしやすくなります。

もちろんディーラーの方が高く査定してくれれば、そのままディーラーで下取りをしてもらうという判断もできます。

このように下取り価格の査定額というのは、値引き交渉の際の大きな武器になりますのでしっかりと準備をしておくようにしましょう。